ベースロード取引市場  電力価格1.5倍に

電力価格は1.5倍!? 一般社団法人 日本卸電力取引所(JPEX)が公表したベースロード取引市場の取引結果(2022年度分の初取引)を見ると、東京エリアの約定価格は1キロワット時あたり10.92円と、前年同期(7.52円 ...
詳細

電力先物 取引急増

日本の電力先物取引が増えている。今年1月の電力価格の急騰を受け、電力小売事業者が損失リスク回避のために先物を利用するニーズが増えてきたからだ。 電力の先物取引は2019年9月17日に東京商品取引所(TOCOM)で始った。 ...
詳細

電力先物、東西価格差が縮小 原発停止リスク映す

【新電力ニュース】東京商品取引所の電力先物市場で東日本と西日本の先物価格に微妙な変化が生じている。先物市場では、原子力発電所が動かず電力需給が締まっている東日本の方が高い状態が続く。それが、ここにきて西日本でも原発稼働の ...
詳細

電力先物、取引スタート

【新電力ニュース】東京商品取引所で17日、日本初となる電力先物の取引が始まった。電力自由化で電力調達をスポット市場に頼る新電力事業者が増えているが、スポット価格は乱高下しがちで経営圧迫要因となっている。将来の電力について ...
詳細

【新電力ニュース】2018/03/28 電力先物市場 課題に対する政府方針

【新電力ニュース】経済産業省は、3月23日の「電力先物市場の在り方に関する検討会(第4回)」で、電力先物市場の創設に向けた今後の方向性についてまとめた報告書(案)を提示した。 この報告書(案)では、同検討会の議論を踏まえ ...
詳細
1~5件表示/5件