石炭の日 クリーン・コール・デー

9月5日は石炭の日、「クリーン・コール・デー」、平成4年に当時の通産省(現:経済産業省)が石炭の普及広報活動のために制定

クリーン・コール・テクノロジー(CCT:Clean Coal technology)

石炭を環境に優しく高効率に使うための技術。地球温暖化の原因となるCO2の発生を低減するため、より効率の良い装置・プロセスやCCSを行う新しい石炭利用技術の開発・普及が進められている。

石炭は、欧州諸国を中心に脱石炭の動きが顕在化しているが、中国を中心として発展途上国が石炭火力発電を中心に利用、今後とも世界的に需要が拡大し、世界の一次エネルギーに占める割合が高くなると見込まれている。しかし、その単位エネルギー当りのCO2排出量が他の化石燃料よりも高いため、供給安定性、経済性、環境適合性の同時達成が可能となる革新的な技術開発が求められており、石炭火力発電においては、「発電の高効率化」と「CCS」が不可欠とされており、CCS導入による大幅な発電効率低下を抑える技術の確立が求められている。

「CCS」とは、「Carbon dioxide Capture and Storage」の略で、日本語では「二酸化炭素回収・貯留」技術。発電所や化学工場などから排出されたCO2を、ほかの気体から分離して集め、地中深くに貯留・圧入するというもの。