日本の温室効果ガス排出量

日本の温室効果ガス排出量 (2021年4月発表値)

政府が、二酸化炭素(CO2)など地球温暖化につながる温室効果ガスの排出量を2050年に実質ゼロ(カーボンニュートラル)とする目標を掲げ、経済産業省は、新しいエネルギー基本計画の素案を発表し、2030年までに温室効果ガス割合を13年度比46%削減する目標へ向けたロードマップを示した訳だが、ここで日本の温室効果ガス排出量数値について見てみよう。

  • 2019年  12億1,200万トン 
  • 2018年  12億4,700万トン
  • 2017年  12億9,100万トン
  • 2016年  13億400万トン
  • 2015年  13億2,100万トン
  • 2014年  13億5,900万トン
  • 2013年  14億800万トン (ピーク)

日本が排出している二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの総排出量は、12億1,200万トン(2019年確定値)ということだ。2013年をピークに温室効果ガスの総排出量は、2014年度以降6年連続で減少しており、2013年度比ではマイナス14.0%となっている。

温室効果ガス排出量が減少した要因としては、

  • ①エネルギー消費量の減少(製造業の生産量減少)
  • ②エネルギー消費量の減少(省エネ)
  • ③電力の低炭素化(再生可能エネルギー拡大、原発再稼働)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等が挙げられる。

新しいエネルギー基本計画の素案によれば、2030年までに温室効果ガス割合を2013年度比46%削減する、とのことから

2030年 7億6,032万トン

と計画していることになる。