世界の温室効果ガス排出量

世界の温室効果ガス排出量 推移 世界の温室効果ガス排出量(エネルギー起源CO2)は増え続けている。  2018年 335億トン 2017年 328億トン 2016年 323億トン 2015年 323億トン 2014年 3 ...
詳細

エネルギー基本計画

エネルギー基本計画のポイント 経済産業省は、有識者会議で日本のエネルギー政策の指針となる新しいエネルギー基本計画の素案を示した。3年に一度の見直しが行われるエネルギー基本計画だが、今回のポイントは2030年に向けて温室効 ...
詳細

太陽光発電導入実績 ランキング

世界の太陽光発電の導入実績 ランキング 2020 太陽光発電の導入実績 ランキング TOP10 1位 中国       254,354.800 MW 2位 アメリカ     75,571.700 MW 3位 日本     ...
詳細

GXとは

グリーントランスフォーメーション(GX)とは? グリーントランスフォーメーション(GX)とは、 温室効果ガスを発生させないグリーンエネルギーに転換することで脱炭素化社会を実現する。(カーボンニュートラル) 産業構造や社会 ...
詳細

容量市場

電力の容量市場を資源エネルギー庁が分かり易く説明 容量市場とは、従来の卸電力市場で取引されている「電力量(kWh)」ではなく、「将来の供給力(kW)」を取引する市場。この容量市場創設の目的は火力発電などの新設・更新費用の ...
詳細

電力先物 取引急増

日本の電力先物取引が増えている。今年1月の電力価格の急騰を受け、電力小売事業者が損失リスク回避のために先物を利用するニーズが増えてきたからだ。 電力の先物取引は2019年9月17日に東京商品取引所(TOCOM)で始った。 ...
詳細

発電コスト比較 電源別2030年

太陽光発電が発電コスト最安  太陽光(産業用) 8円台前半から11円台後半 原子力 11円台後半以上 LNG火力 10円台後半から14円台前半 石炭火力 13円台後半から22円台前半 経済産業省が2030年時点で発電所を ...
詳細

大手電力 独禁法違反疑い

九州電力、九州電力の関連会社の「九電みらいエナジー」、関西電力、中国電力 カルテル疑い 電力自由化によって電力市場の競争が激しくなる中、九州電力や関西電力、中国電力などが互いの顧客を獲得しないよう申し合わせるカルテルを結 ...
詳細

再エネ推進新電力協議会(REAP)設立 【新電力32社】

再エネ推進新電力協議会(REAP) 再生可能エネルギー推進と電力業界の健全な発展を目指した新電力の一般社団法人を設立 太陽光発電など再生エネルギーを中心に電力小売りをてがけている新電力のLooop(ループ)など5社は、再 ...
詳細
1~9件表示/9件