純水素型燃料電池

パナソニックは、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電で、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100化ソリューション」の実証に取り組むと発表した。本格的に水素を活用する工場のRE100化は、世界初の取り組みになるという。再エネで省スペースの自家発電、さらに蓄電池でエネルギーマネージメントが可能となれば素晴らしい、価格はこれからであろうが、低減化できれば企業のRE100、2050年カーボンニュートラルへ向けて弾みがつく。

純水素型燃料電池

発電出力5 kW
定格発電効率56%(LHV)
本体サイズ834 mm(W)×417 mm(D)×1766 mm(H)
重量約205 kg
出力方式モノジェネ式/コジェネ式
パナソニックのHPより
  • 出力5kWで業界最高の発電効率56%を実現しているという。2020年10月現在、パナソニック調べ
  • 1分で起動が可能。素早い対応が求められるピークカットに役立つ
  • 停電時に水素だけで発電が可能
  • BCP(事業継続計画)に寄与
  • 複数台連結することで、家庭用~店舗~産業用まで対応が可能
  • 2021年10月発売予定
  • 今回の実証では発電出力5 kWの純水素型燃料電池100台を連携制御し、500 kWの発電出力を実現

以下、パナソニックのリリース

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100化ソリューション」の実証に取り組みます。本格的に水素を活用する工場のRE100化は、世界で初めての試みとなります。

企業の持続的な成長のためには、ESG(環境:Environment、社会:Social、企業統治:Governance)が示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まってきています。このような背景の下、事業活動で消費する電力を、太陽光、風力、バイオマス、地熱、水力など再生可能エネルギーを用いて発電した電力(再エネ電力)で全て賄うことを目標とする国際的イニシアチブRE100(Renewable Energy 100%)に加盟する企業は、年々増加しています。

再エネ電力の調達手段は自家発電と外部調達に大きく二分され、さらに外部調達には再エネ電源設備を保有する事業者との直接契約や環境価値証書の活用など多様な手段があります。企業は事業活動における消費再エネ電力比率が100%になるように、これらの手段から選択することになりますが、環境価値証書には複数の種類が存在し、供給量や価格は市場に依存します。また、自社設置が可能な発電設備として普及する太陽光発電は、事業活動に必要な電力全てを賄うには広大な設置面積が必要であるうえ、天候の影響を受けるので発電が不安定であるなど、企業がRE100を目指す手段としては課題もあります。

パナソニックは、これらの課題解決に向けた手段として、純水素型燃料電池と太陽光発電、そして蓄電池とを組み合わせたソリューションを提案します。今回、滋賀県草津拠点に純水素型燃料電池(500 kW)と太陽電池(約570 kW)を組み合わせた自家発電設備、そして余剰電力を蓄えるリチウムイオン蓄電池(約1.1 MWh)を備えた大規模な実証施設を設置します。ここで発電した電力で草津拠点内にある燃料電池工場の製造部門の全使用電力を賄うとともに、3電池連携による最適な電力需給運用に関する技術開発および検証を行います。

この組み合わせにより、広大な設置面積が必要、天候の影響を受けるため発電出力が不安定という太陽光発電の課題を補完し、例えば工場の屋上など限られたスペースに設置した自家発電設備で事業活動に必要な電力を高効率かつ安定的に賄います。また、蓄電池を組み合わせているため、電力需要に応じた適切なエネルギーマネジメントが可能なほか、使用量の少ない工場非稼働日の発電電力も有効活用できます。本実証を通じて純水素型燃料電池の運用を含めたエネルギーマネジメントに関するノウハウの蓄積と実績構築を図り、自家発電により事業活動に必要な再エネ電力を賄う「RE100ソリューション」の事業化を目指します。

パナソニックは、水素の本格活用という再生可能エネルギーの導入拡大に向けた新たな選択肢の提案を通じて、脱炭素社会の実現に貢献していきます。