「鳥海南バイオマス発電所」 山形最大級 東北電力が出資参画

東北電力は、遊佐町に建設される「鳥海南バイオマス発電所」の発電事業へ出資参画すると発表した。同発電所は輸入木質ペレット(木片や木くずを円筒形に固めたもの)を主燃料とするバイオマス発電施設。発電所の出力規模は5万2900キロワット、年間の推定発電電力量は3億7000万キロワット時でバイオマス発電所としては山形県内最大級。2024年度中の運転開始を予定している。東北電力が専焼(1種類の燃料を用いるもの)のバイオマス発電事業に取り組むのは今回が初。

鳥海南バイオマス発電事業の概要

1.事業内容
(1)事業会社 鳥海南バイオマスパワー株式会社
(2)出資会社 東北電力株式会社(75%)
       株式会社オリンピア(15%)
       静岡ガス&パワー株式会社(10%)
(3)発電所名 鳥海南バイオマス発電所
(4)事業場所 山形県飽海郡遊佐町(鳥海南工業団地内)
(5)出力規模 52,900kW
(6)使用燃料 木質ペレット、パーム椰子殻(PKS)
(7)運転開始 2024年度中(予定)