自然エネルギーの発電量 20%超 2020年

自然エネルギーによる発電電力量の割合は20%超え、太陽光は8%に

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)により発表された、2020年の自然エネルギーによる発電電力量(速報)によると、2020年の国内の全発電電力量(自家消費含む)に占める自然エネルギーの割合は前年比で2.3ポイント増加し、20.8%となった。

  • 以下速報要旨
  1. 2020年 (暦年)の日本国内の全発電電力量(自家消費含む)に占める自然エネルギーの割合は前年の18.5%から20.8%に増加したと推計される。
  2. 日本国内の太陽光発電の年間発電電力量の割合は、2020年には前年の7.4%から8.5%に増加し、VRE(変動する自然エネルギー:太陽光および風力)の割合は8.2%から9.4%に増加した。
  3. バイオマス発電(3.2%)の年間発電電力量は前年から約2割、風力発電(0.86%)も1割程度増加しており、地熱(0.25%)および水力(7.9%)も前年からわずかに増加している。
  4. 化石燃料による火力発電の年間発電電力量の割合は前年から横ばいで74.9%と依然高いレベルであるが、石炭(27.6%)およびLNG(35.4%)は減少傾向にある。原子力発電は前年の6.5%から4.3%に減少した。
  5. 欧州では、すでに自然エネルギーの年間発電電力量の割合が40%を超える国が多くあり、欧州全体の平均でも38.6%に達して、化石燃料による発電の割合37.3%を始めて上回った。VRE(変動する自然エネルギー)の割合もデンマークの55%を筆頭に20%を超える国が多くある。
  6. 2020年(暦年)の電力需給データにおいて、北陸電力、東北電力、四国電力エリアでは自然エネルギーの割合が年間電力需要量の30%を超えた。1時間の最大値では日本全体で70%近くに達しており、VREは最大57%だった。1時間の最大値で四国電力、東北電力および九州電力エリアにおいて自然エネルギーの電力需要に対する割合が100%を超えた。

日本全体の電源構成(2020年速報) 出所:電力調査統計などよりISEP作成