温室効果ガス 30年度に46%削減へ

温室効果ガス 30年度に26%から46%削減へ目標引き上げ

菅首相が温室効果ガスの削減目標について、2030年度に2013年度比で46%削減すると表明しました。

政府は、2050年までに二酸化炭素など温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする目標を掲げています。 この目標達成に向けて菅首相は、22日午後開かれた地球温暖化対策推進本部で、2030年度に2013年度比で46%削減するとした新たな目標を発表しました。これまで、2030年度までに26%削減するとした現在の目標を引き上げました。