RE100とは、日本企業一覧

RE100とは

RE100(アールイー100)とは、「Renewable Energy 100%」の頭文字を取った言葉で、その名の通り、自然エネルギー100%での事業活動を行うという宣言をした国際的な企業集団。
具体的には2050年までに事業活動に使用するエネルギーを、太陽光、風力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーで100%調達することを目標に掲げています。国際的な環境イニシアチブの一つ。

立ち上げたのは、イギリスの国際環境非営利組織のThe Climate Group(クライメイト・グループ)。2015年のパリ協定に向けて2014年に設立されたものです。現在は、企業へ気候変動への取り組みについて情報開示を求める非営利組織のCDPと連携して運営されています。

2018年6月、日本の環境省はRE100に公的機関としては世界で初めてアンバサダーとして参画し、RE100の取組の普及のほか、自らの官舎や施設での再エネ電気導入に向けた率先的な取組やその輪を広げています。

RE100加盟 日本企業一覧

RE100プロジェクトに加盟するには、企業は事業運営を100%再生可能エネルギーで行うことを宣言しなければなりません。

2021年4月現在の世界のRE100加盟企業は298社、日本は51社が加盟しています。(以下、加盟時期古い順、達成時期)

1.株式会社リコー 2050年
2.積水ハウス株式会社 2040年
3.アスクル株式会社 2030年
4.大和ハウス工業株式会社 2040年
5.ワタミ株式会社 2040年
6.イオン株式会社 2050年
7.城南信用金庫 2050年
8.株式会社丸井グループ 2030年
9.株式会社富士通 2050年
10.エンビプロ・ホールディングス株式会社 2050年
11.ソニー株式会社 2040年
12.芙蓉総合リース株式会社 2050年
13.コープさっぽろ 2040年
14.戸田建設株株式会社 2050年
15.コニカミノルタ株式会社 2050年
16.大東建託株式会社 2040年
17.株式会社野村総合研究所 2050年
18.東急不動産株式会社 2050年
19.富士フイルムホールディングス株式会社 2050年
20.アセットマネジメントOne株式会社 2050年
21.第一生命保険株式会社 2050年
22.パナソニック株式会社 2050年
23.旭化成ホームズ株式会社 2038年
24.株式会社高島屋 2050年
25.株式会社フジクラ 2050年
26.東急株式会社 2050年
27.ヒューリック株式会社 2025年
28.株式会社LIXIL 2050年
29.株式会社楽天 2025年
30.安藤ハザマ株式会社 2050年
31.三菱地所株式会社 2050年
32.三井不動産株式会社 2050年
33.住友林業株式会社 2040年
34.小野薬品工業株式会社 2050年
35.日本ユニシス株式会社 2050年
36.株式会社アドバンテスト 2050年
37.味の素株式会社 2050年
38.積水化学株式会社 2030年
39.株式会社アシックス 2050年
40.J.フロント リテイリング株式会社 2050年
41.アサヒグループホールディングス株式会社 2050年
42.キリンホールディングス株式会社 2040年
43.ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社 2050年
44.株式会社セブン&アイ・ホールディングス 2050年
45.株式会社ノーリツ 2050年
46.株式会社村田製作所 2050年
47.いちご株式会社 2040年
48.株式会社熊谷組 2050年
49.株式会社ニコン 2050年
50.日清食品ホールディングス株式会社 2050年
51.株式会社島津製作所 2050年