長野県立大、再生可能エネルギー100%電力に

国公立大学で初。長野県立大学は、同大学学内で使用する電力を4月から再生可能エネルギーに切り替えると発表した。これにより同学が1年間に排出する約1,000t‐CO2の温室効果ガスのうち、約3/4 が削減される見込み。

中部電力ミライズ(愛知県名古屋市)を通じて、長野県企業局の運営する水力発電所でつくられた「信州Greenでんき」を活用する。これにより、温室効果ガスの削減とエネルギーの地産地消を同時に実現することを目指す。

同大学は、長野県SDGs推進企業登録制度の第1期登録企業として、排出CO2の削減を重点的な取り組みの一つに掲げている。