EU、再生エネ 電源構成 化石燃料を逆転

シンクタンクの英エンバーと独アゴラ・エネルギーウェンデが公表したリポートによると、2020年の欧州連合(EU)加盟27カ国の発電源に占める再生可能エネルギーの割合が化石燃料を初めて上回った。新規の再生エネ事業が稼働する一方で、石炭火力発電が縮小したことが背景。

エネルギーミックス(電源構成)の内訳は、風力や太陽光発電など再生エネの割合が38%、石炭やガスなど化石燃料は37%だった。

2011年までは化石燃料が2倍以上の発電量だったが、風力を中心に再エネが急伸し、逆転した。日本の再エネ比率が19年度で18%だったのと比べると差は大きい。

EUの20年の総発電量は2760テラワット時(2兆7600億キロワット時)で、前年より4%減った。再エネは8%増の1054テラワット時だった。風力が9%、太陽光は15%それぞれ増えた。総発電量に占めるシェアは風力が14%で2ポイント、太陽光は5%で1ポイント、それぞれ上昇した。

一方、化石燃料による発電量は10%減の1020テラワット時。なかでも石炭火力が20%減り、シェアは13%と3ポイント下落した。石炭火力は5年間でシェアが半減した。