製紙業界、2050年までにCO2排出実質ゼロへ

日本製紙連合会は、2050年までに製紙業界として生産活動での温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする方針を発表した。13年度比で50年に二酸化炭素(CO2)を2100万トン削減する。省エネの取り組みを継続するほか、自家発電設備 ...
詳細

【原発増設】新技術導入へ国際協力 自民・元経産相 世耕弘成氏

温暖化ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにするためには、二酸化炭素(CO2)を排出しない基幹電源の原子力発電所を保有し続ける必要がある。資源に乏しい日本のエネルギー安全保障上も原発の存在は欠かせない。 安全性や経済性 ...
詳細

海底プロペラ「潮流発電」九電みらいエナジー

九電みらいエナジーは、長崎県五島市の奈留瀬戸において進めている環境省「長崎県五島市沖における潮流発電技術を実用化するための実証事業」について、大型潮流発電機の設置工事を開始することを発表した。 当該事業は長崎県五島市の奈 ...
詳細

EU、再生エネ 電源構成 化石燃料を逆転

シンクタンクの英エンバーと独アゴラ・エネルギーウェンデが公表したリポートによると、2020年の欧州連合(EU)加盟27カ国の発電源に占める再生可能エネルギーの割合が化石燃料を初めて上回った。新規の再生エネ事業が稼働する一 ...
詳細

福島第1原発 高濃度汚染 原子力規制委員会

原子力規制委員会は、福島第一原発の原子炉建屋の上の部分にも、大量の放射性物質があるとする中間報告書をまとめた。 報告書によると、2号機と3号機の原子炉がある格納容器と建屋の最上階との間に、極めて高い濃度のセシウムがある可 ...
詳細
1~5件表示/5件