グリーン成長推進 電力業界再編選択肢

9日行われた政府の経済財政諮問会議では、温暖化ガス排出削減に向けて電力業界の再編も選択肢とするよう提言があった。再生可能エネルギーの普及へ送配電網の強化や広域化を求める。菅義偉首相が2050年に温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を表明したことを受け、電力会社に踏み込んだ対応を促した。

『2050年カーボンニュートラル』の実現は、エネルギー供給のみならず、我が国の産業構造や資金循環など、経済社会全体の変革をもたらすものであると考えます。
 本日、民間議員から御提案いただいた、グリーン成長を推進する国際的な議論への貢献、グリーン投資の更なる普及、コア技術への重点的な資金支援、電力業界再編、選択肢に再生可能エネルギーの主力電源化に向けた電力ネットワークや規制の改革などの論点を含め、今後、成長戦略会議において具体的な検討を深めていただきたいと思います。

と、菅総理は述べた。