PCB廃棄物の処分 ご相談ください

高圧のお客様で、古いキュービクルに使用されているポリ塩化ビフェニ ル(PCB廃棄物)は定められた処分期間までに必ず処分しなければなりません。高濃度PCB廃棄物は、下記期限を過ぎると事実上処分することができなくなります。(罰則規定ありますのでご注意ください)

東京事業エリアでは令和4年3月31日まで

PCBとは

人工的につくられた油状の物質で、電気機器等の絶縁油や潤滑油として使用されていたものです。

主に、次のような機器に使われています。

  • 高圧受電設備(キュービクル)内の変圧器(トランス)、
  • 高圧受電設備(キュービクル)内のコンデンサー、
  • 業務用蛍光灯などの安定器

PCB廃棄物の処分、ご相談ください

昭和28年から昭和47年に国内で製造された変圧器・コンデンサーには絶縁油にPCBが使用されています。高濃度のPCBを含有するか否か不明な場合でもお問合せ頂ければ、こちらで判別させて頂きます。

電気事業法の「主任技術者制度の解釈及び運用」が改正され、電気主任技術者等が毎年度高濃度 PCB 使用電気工作物であるかを確認することが義務付けられて以来、電気主任技術者様からのお問合せも急増しております。

  • 届け出書類などの面倒な書類もすべて代行しますので安心です。
  • 低濃度PCBについてもご相談ください。

※PCB廃棄物は、PCB濃度により高濃度PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物に分類されます。高濃度PCB廃棄物はPCB濃度が0.5%(=5000ppm)を超えるものとなります。
高圧変圧器・コンデンサー等の高濃度PCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)で処理を行っています。低濃度PCB廃棄物については環境大臣が認定する無害化処理認定施設及び都道府県知事等が許可する施設で処理を行っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5.png